NPO法人ピンクリボンうつのみや

協賛お申込み
NPO法人ピンクリボンうつのみや 公式FaceBook
お問い合わせ

ピンクリボンうつのみや設立のごあいさつ

乳がん患者さんは、増加の一途をたどっておりますが、真の予防方法は確立されておりません。

環境ホルモンの影響による女性ホルモン摂取過多がその主因とされていますが、現代の社会生活を営む上で避けることはできません。
したがって、唯一の一次予防が、検診による早期発見・早期治療となります。

乳がんの罹患率のピークは、40歳・60歳代です。
特に40代の女性の場合、出産育児を担う重要な世代であり、50歳以前に発症した乳がん患者さんの約50%が50歳以前にお亡くなりになることから、がん孤児の問題など大きな社会問題となっています。

一方、乳がんは、stage-I(特に1cm以下)で発見すれば、ほぼ100%治癒可能ながんです。
手術に伴う乳房変形なども少なく、抗がん剤や放射線治療を必要としないケースが多く、QOLの観点からも早期発見がとても重要です。

これまでのピンクリボン活動では、主にマンモグラフィの受診を啓発してきました。
しかし、現在の画像診断の進歩は目覚ましく、欧米の医療機器メーカーは、先進国の乳がん患者の急増に対して、さらに診断精度に優れた新しい診断装置を開発、発売しております。

NPO法人ピンクリボンうつのみやでは、乳がんの予防および早期発見における画像診断機器による検診の重要性を啓蒙し、切らずに治す乳がん治療の普及を目指し、活動していこうと思います。

乳がん患者さんはもとより、患者さんのご家族、すべてのひとが健康で明るい生活を送り、さらには活力ある社会構築を信じて、私たちは、乳がんの早期診断に関する情報提供を続けてまいります。

NPOピンクリボンうつのみや
代表 佐藤俊彦

10641244_883283621683158_1512421573510814610_n